◆平成24年11月1日改訂の社会保険の加入状況に対応した作業員名簿U_2013、社員兼作業員名簿U_2013、労務安全書類U_2013を作成しています。
労務安全書類U_2013
■ 最新年月日 :2019/04/17
■ プログラム名:労務安全書類U_2013 for Access
■ バージョン :Ver1.2t
■ 登録名   :Roumuanzen2_2013_12t.zip
■ 制作者名  :Tamonoki
■ 動作環境  :Microsoft Access 2010-2016 / Excel 2010-2016 が稼動するパーソナルコンピュータ
■ ソフトの種別:シェアウェア

2006年に個人情報保護法の制定と労働安全衛生法、建設労働者の雇用の改善等に関する法律が改正となる。
「様式第5号-別紙 」社会保険加入状況(健康保険、年金保険、雇用保険)の加入状況の提出が平成24年11月から施行となる。
「様式第1号-甲-別紙」 外国人建設就労者現場入場届出書」の提出が平成27年4月1日から施行となる。
「参考様式第5号 作業間連絡調整書」 全建統一様式は27年4月1日改訂されました。
「様式第6号 工事安全衛生計画書」 全建統一様式は27年4月1日改訂されました。
「様式第8号 安全ミーティング報告書」 全建統一様式は27年4月1日改訂されました。
「様式第2号」施工体制台帳作成建設工事通知は平成28年6月1日施行の建設業法上の金額要件の見直しされました。
 概要・特徴
全建統一様式で作成できる元請業者から一次と二次以下の請負業者を支援するプログラムです。
各マスタ登録、請負業者登録、社員登録を行い事業所設定後に届出書類の請負会社名を選択と事業所単位の記入で出来上がります。
社会保険(健康保険、年金保険、雇用保険)の加入状況と外国人建設就労者現場入場届出書を備わっています。
様式第1号〜第11号と参照様式第1〜9号の他に報告書(年少者就労、高齢者就労、送り出し教育実施)が付属しています。
再下請負関係と工事用車両届は、事業所単位で複数作成する事が出来ます。
検索画面では、一覧表示と検索すると並べ替えて表示し、編集画面への移動出来ます。
既定値設定では、作業新名簿の経験年数の月数有無、項目欄を(建退共手帳/備考)の切り換えます。
施工体制台帳作成通知の特記の有無、表紙・リストの有無等と印刷用紙のページ設定を(自動と手動)選択出来ます。
社員登録では、マスター参照の他に勤続年数、経験年数、年齢の自動計算と開く度に更新されます。
一般講習10項目の他に(教育・資格・免許)14の項目を作業員名簿で呼び出して参照できます。
作業員名簿では、グループで氏名の選択出来る他に写真付き作業員名簿別紙【個人票】印刷出来ます。
ページ設定すると最大10ページまで作成して氏名の番号とページの通し番号で振ることが出来ます。
エクセルファイル形式に変換した作業員名簿(A3用紙E)を作成できます。
健康診断日チェックでは、健康診断日の残り日数をチェックして期限切れ結果を一覧印刷とグループ別の抽出表示と印刷が出来ます。
DBの管理では、データ(バックアップ、復元、リンク、最適化)マスタとデータの削除を行えます。
リンク先表示していますので協力会社名などのデータを保存して簡単に呼び出すことが出来ます。
操作説明は、画面のヒントテキストに表示する他にヘルプ機能も使えます。
 履歴及び修正箇所
2019.04.17 労務安全書類U_2013 Ver1.2t バージョンアップ
・新元号(令和)の対応に伴い修正。
 ※Ver1.2からVer1.2sのデータ移行は、メインパネルの「DBの管理」から「復元」で行えます。
  詳しくはヘルプ共通操作のデータ移行を参照願います。

2019.03.12 労務安全書類U_2013 Ver1.2s バージョンアップ
・下請負業者編成表に登録基幹技能者の不備などを修正。
・施工体制台帳の[監理技術者・主任技術者名]の不合理を修正。
・マスタ登録の氏名追加によみキーで請負業者登録の絞り込みを追加。
・管理者名称の統一して各氏名のボタン選択時に管理者名称の表示を追加。
・作業員名簿に[ふりがな]欄を追加して作業員の絞り込みを追加。
※Ver1.2からVer1.2nデータ移行は、メインパネルの「DBの管理」から「復元」で行えます。
 詳しくはヘルプ共通操作のデータ移行を参照願います。

2018.09.18 労務安全書類U_2013 Ver1.2n バージョンアップ
・マスタ登録の持込車両及び建設機械MSに検索と一覧印刷を追加。
 ※Ver1.2からVer1.2mデータ移行は、メインパネルの「DBの管理」から「復元」で行えます。
  詳しくはヘルプ共通操作のデータ移行を参照願います。

2018.07.21 労務安全書類U_2013 Ver1.2m にバージョンアップ
・請負業者登録の検索で名称不備を修正と許可有無の抽出方法を部分一致から完全一致に変更。
・再下請負通知書の「自社に関する事項」タブの工期と契約日欄でダブルクリックで事業所登録より複写を中止。
 ボタン▼で「下請負選択」で工事名称を事業所登録より代入を事業所情報より代入に変更。
※Ver1.2からVer1.2iのデータ移行は、メインパネルの「DBの管理」から「復元」で行えます。
 詳しくはヘルプ共通操作のデータ移行を参照願います。

2018.05.28 労務安全書類U_2013 Ver1.2k にバージョンアップ
・Office 及び Access の 32bit と 64bit の両方で使えるように対応。
・VB6ランタイムモジュールを使用しなでファイル管理出来るように改善。
 ※Ver1.2からVer1.2iのデータ移行は、メインパネルの「DBの管理」から「復元」で行えます。
  詳しくはヘルプ共通操作のデータ移行を参照願います。

2018.03.27 労務安全書類U_2013 Ver1.2i にバージョンアップ
・再下請負通知書(変更届)の印刷で現場代人名(所長名)に元請の所長名が参照されいるのを修正。
 ※Ver1.2からVer1.2hのデータ移行は、メインパネルの「DBの管理」から「復元」で行えます。
  詳しくはヘルプ共通操作のデータ移行を参照願います。

2017.10.23 労務安全書類U_2013 Ver1.2h にバージョンアップ
・施工体制台帳の「下請負人に関する事項」の「主任技術者」と「専門技術者名A」の選択で該当しない氏名を修正。
※Ver1.2からVer1.2gのデータ移行は、メインパネルの「DBの管理」から「復元」で行えます。
 詳しくはヘルプ共通操作のデータ移行を参照願います。

2017.12.15 労務安全書類U_2013 Ver1.2g にバージョンアップ
・検索画面の一部でデータが多く成ってもスクロール出来ない不合理を修正。
※Ver1.2からVer1.2fのデータ移行は、メインパネルの「DBの管理」から「復元」で行えます。
 詳しくはヘルプ共通操作のデータ移行を参照願います。

2017.05.16 労務安全書類U_2013 Ver1.2f にバージョンアップ
・下請負業者編成表の印刷で一次下請負業者の工期の参照先不適当と「表示A」で契約の流れで点線が残るを修正。
・安全ミーティング報告書で事業所情報の作成日のボタン「取消」出来ないのを修正。
・新元号に対応出来る様に各印刷物の“平成”ラベル部分を関数に置き換え。(Microsoft社組込みで使用可)
※Ver1.2からVer1.2bのデータ移行は、メインパネルの「DBの管理」から「復元」で行えます。
 詳しくはヘルプ共通操作のデータ移行を参照願います。

2017.04.25 労務安全書類U_2013 Ver1.2b にバージョンアップ
・事業所登録に関係する次の項目のフィールドサイズを30から50文字に変更。(2017.3.18処理済み)
 1)工事内容MSの工事内容  2)施工体制台帳の発注者工事内容 3)事業所設定の@発注者工事内容
 4)事業所設定の@工事内容 5)事業所登録の発注者工事内容   6)事業所登録の工事内容
・監理(主任)技術者用名札の会社IDで2桁以上選択出来ないのを修正。

2017.01.22 労務安全書類U_2013 Ver1.2 にバージョンアップ
・事業所登録のボタン「請負業者登録」で開けないのを修正。
・再下請負通知書(変更届)の元請名称の印刷出来ないのを修正。
・メインパネル番号[04]、[07]、[08]の事業所名のフィールドサイズを30から50に変更。
・下請負業者編成表の元請名称の元請IDで選択出来ないのを修正。
・安全ミーティング報告書の事業所情報のボタン「クリア」出来ないのを修正。
 ※Ver1.1からVer1.1dのデータ移行は、次の「Roumu2_2013F12」よりダウンロード出来ます。
  バージョン処理ファイル名「労務安全書類U_2013F12」には説明書付いています。

2016.12.08 労務安全書類U_2013 Ver1.1d バージョンアップ
・施工体制台帳レポートの事業所名印刷出来ない不合理を修正。
※Ver1.1からVer1.1cのデータ移行は、メインパネルの「DBの管理」から「復元」で行えます。
 詳しくはヘルプ共通操作のデータ移行を参照願います。

2016.12.06 労務安全書類U_2013 Ver1.1c にバージョンアップ
・工事安全衛生計画書の《リスクの見積り》のボタン「可能性」と「重大性」を値リストより選択すると「見積り」欄と「リスクレベル」欄に計算して代入する様に改善。尚、ボタン「見積り」で危険性又は有害性の評価とボタン「リスクレベル」で優先度の判定基準を確認出来ます。
・安全ミーティング報告書の《実施したリスクアセスメント》のボタン「重篤度」と「可能性」を値リストより選択すると「評価点」欄と「評価」欄に計算して代入する様に改善。尚、ボタン「評価点」で危険性又は有害性の評価とボタン「評価」で危険度の判定基準を確認出来ます。
・下請負業者編成表と工事作業所災害防止の表空白の場合は、全体に斜め線を引く様に追加し、斜め線の有無を「既定値設定」で選択できるよに追加。
 ※Ver1.1のデータ移行は、DBの管理から復元で行えます。詳しくはヘルプ共通操作よりデータ移行を参照願います。

2016.11.01 労務安全書類U_2013 Ver1.1 にバージョンアップ
・様式の改訂に伴い「安全ミーティング報告書」を全面的変更と「作業予定報告書・指示書」を「作業間連絡調整書」に変更。
・作業員名簿の※印を3個追加して合計6個とし、主正、主副、習、就を追加。
・作業員名簿の帳票の「入場年月日」と「受入教育実施年月日」入力の他に個人別<教育・資格・免許の変更>画面での入力を追加。
・すべての届出書に【よみキー】欄を配置して1文字以上で会社名(複数会社名対応)の絞り込みを追加。
・再下請負届出書と施工体制台帳に請登録基幹技能者名を追加。
 ※Ver1.0からのデータ移行は、次の「Roumu2_2013T11」よりダウンロード出来ます。
  バージョン処理ファイル名「労務安全書類U_2013T11」には説明書付いています。

2016.10.03 労務安全書類U_2013 Ver1.0 を公開。
 プログラムの設置
プログラムの解凍と設置
シェアプログラム一覧の名称[DL]の下にボタン「説明」を追加。
2種類のダウンロードからインストールまでとプログラム起動の説明を掲載しています。
 ファイル内容
プログラムフォルダには次のファイルが有ります。
@労務安全書類U_2013 Ver1.2t.accdb ------------ プログラムファイル
A労務安全書類U_2013_be.accdb ----------------- テーブル(データ)ファイル
B労務安全書類U_2013.CHM ---------------------- ヘルプファイル
C画像ファイル --------------------------------- サンプル写真フォルダ
D印鑑ファイル --------------------------------- サンプル印鑑フォルダ
EExcelFile ------------------------------------ エクセルファイル格納
FReadme.txt ----------------------------------- はじめにお読み下さい。
 プログラムの起動
起動は、労務安全書類U_2013 Ver1.2t.accdb をダブルクリックするとメインパネルを起動します。
また、ショートカット作ってそれをダブルクリツクして起動できます。
 参考資料
参考資料の技能講習項目(作業主任者技能講習/技能講習)
参考資料の特別教育項目(安衛則36条関係)
 著作権および使用条件
@ 著作権
このプログラムのドキュメントおよび付属ファイルの知的所有権は以下のとおり著作権者が有します。
 Copyright 2015.09.27 tamonoki

A 免責事項
このプログラムを使用して発生した損害について作者は一切補償はいたしません。
このプログラムに不備があっても作者はそれを訂正する義務を負いませんが改良してサイトにアップする事に勤めます。
B 転載及び配布
転載・配布の際は、下記の条件を守ってください。
・プログラムを改変しないこと。
・このままの形態で配布すること。ただし、パスワードは個別に購入願います。
・書籍、雑誌等への収録については、予めご相談下さい。
 労務安全書類U_2013について
・プログラムの動作の他にお試し頂いて希望する機能と内容が十分に備わっている事を確認して頂いた後にご購入願います。
・構造が異なる為に労務安全書類作成君U_2000から2010のデータ移行は出来ません。
・ライセンスキー登録は1本の登録料金は¥10,000円と成ります。
 ライセンス登録
このプログラムはシェアウェア(試用可能な有料のプログラム)です。
継続して使用する場合は、ライセンス登録をお願いします。
未登録の場合は「Sample Printing」の文字が表示されるだけで機能制限はありません。
ライセンス登録して頂くとライセンスキーをメールで送信します。
プログラムの使用者情報を開きライセンス登録にライセンスキー貼り付けると「Sample Printing」の文字は解除されます。
 Microsoft Access
Access は米国マイクロソフト社の商標または登録商標です。
 作者からのメッセージ
身近なAccessを使って業務に役立つより良いプログラムの開発を目指しております。
不動作や改良点などが有りましたら下記のメールをお願いします。今後とも、よろしくお願い致します。

 制作者名:Tamonoki
 Mail:t_ikejiri@mbg.nifty.com
 U R L:https://our-plaza.com/index.html



< メインパネル >



< 再下請負通知 >











< 外国人建設就労者建設現場入場届出書 >









< 再下請負業者構成表 >









< 施工体制台帳作成建設工事通知 >





< 施工体制台帳 >











< 工事作業所災害防止協議会兼施工体系図 >









< 施工体制台帳工事担当技術者 >






写真登録
@ボタン「取込」をクリックすると<ファイル開く>開きます。
A写真をクリックして指定します。
Bボタン「OK」をクリックすると登録されます。
写真削除
ボタン「取消」をクリックすると削除します。


< 監理(主任)技術者名札 >









< 作業員名簿 >






氏名欄でダブルクリックすると<教育・資格・免許の変更>開きます。

< 教育・資格・免許の変更 >


@ 項目欄でダブルクリックすると社員登録で割付られた<個人リスト>開きます。
A 個人リスト欄を選択してダブルクリックすると呼び出された欄に複写します。

< 個人リスト >



< 作業員名簿 >A4表示ABタイプ



< 作業員名簿 >A3表示FAタイプ



< 作業員名簿 >エクセルAEBタイプ



< 作業員名簿 >A3表示FBタイプ



< 作業員名簿>A3表示FCタイプ



< 作業員名簿 >社会保険別紙タイプ



< 作業員名簿 >社会保険加入状況



< 作業員名簿 【個人票】>



< 工事安全衛生計画書 >











< 安全衛生計画書 >









< 新規入場時等教育実施報告書 >









< 新規入場者調査票 >









< 作業間連絡調整書 >








< 安全ミーティング報告書 >








< 〔移動式クレーン・車両系建設機械等〕使用届 >











< 持込機械等(電気工具・電気溶接機等)使用届 >









< 持込機械届済書(四角形) >







< 持込機械届済書(楕円形) >







< 工事・通勤用車両届 >







< 有機溶剤・特定化学物質持込使用届 >







< 火気使用願 >









< 年少者就労報告書 >









< 高齢者就労報告書 >









< 送り出し教育実施報告書 >









< 表紙・リスト表 >











< 事業所登録 >



< 事業所確認 >



< マスタ登録 >



< 社員登録 >


グループ登録
@ボタン「グループ」をクリックすると<グループ登録>開きます。
Aグループ名には最低1グールプを入力します。
Bグループ名を入力するとは発行されます。
Cボタン「閉じる」をクリックすると<グループ登録>閉じます。

< グループ登録 >



氏名登録
@グループ管理する場合は、グループbフボタン▼で選択します。
Aグループ管理しない場合は、社員登録の氏名欄をクリックで
<氏名登録> 開き、氏名入力すると整理bヘ発行されます。
Aボタン「複写」クリックすると社員登録の氏名、ふりがな、社員
コードを構成して複写します。

< 氏名登録 >





< 請負業者登録 >









< 氏名追加 >











< DBの管理 >



< マスタ一括削除 >



< データ一括削除 >



< 使用者情報 >



< 既定値設定 >



< ヘルプ >