パソコンのセキュリティ設定によっては、Access 2007 を使用するとセキュリティ警告が出ます。
毎回セキュリティ警告のチェックを入れてプログラムを開く方法の他には、プログラムフォルダを信頼できる場所
へ登録することでセキュリティセンターのセキュリティチェックを受けないでプログラムを開くことが出来ます。
信頼できる場所に登録して使用する場合
・Windows XP では次の信頼できる場所 を Windows Vista では次の信頼できる場所 へ登録します。
・当プログラムは、LAN環境で使用できる様にと不合理などのバージョンアップ時のデータ移行を簡単にする為
 にデータペースをプログラムとテーブルに分割を行って制作しています。
・上記に伴いプログラムフォルダを「信頼できる場所」に登録する事をお勧めします。
上記以外は信頼できる場所のフォルダを作成して、全てのプログラムをその中に保存する方法も出来ます。
・分割された当プログラムを起動するとリンク切れ検知が出ますので個々に再リンクしてご使用願います。
毎回セキュリティにチェック入れて使用する場合
セキュリティの警告 データベースの一部の内容が無効にされました 「オプション」 ...表示されます。
Access 2007 で当サイトのプログラムを起動すると<セキュリティの警告解除の仕方>の説明文を表示します。
<セキュリティの警告解除の仕方>
@ 上記の「オプション」をクリックします。この時、次の<Microsoft Office セキュリティ オプション>表示します。
A チェックを[不明なコンテンツから保護する]から[このコンテンツを有効にする]にチェックを付けます。
B ボタン「OK」をクリックします。この時、プログラムの[メインパネル]が表示します。
<Microsoft Office セキュリティ オプション>