よくある質問(Q&A)
太文字部分をクリックすると関連のページを開くことが出来ます。
キーワードを複数指定する場合はスペースで区切って下さい。

日付欄又は数字欄が#####と印刷される。
Access2007 〜 2016 で日付又は数字部分が#####と表示又は印刷される。
・Access のオプションの『数値フィールドの文字切れをチェックする』のチェックボックスのチェックを外します。
◆Access2007の場合は次の操作を行って下さい。
 @プログラムを起動します。
 A左上の「Officeボタン」ボタンをクリックすると吊りメニューを表示します。
 B画面の下部に「Access のオプション」をクリックすると<Access のオプション>画面を表示します。
 C画面左から[カレントデータベース]をクリックすると<カレントデータベース>画面に切り替わります。
 D画面右から『数値フィールドの文字切れをチェックする』のチェックを外します。
 Eボタン「OK」をクリックします。
 F数秒後にメッセージを表示しますのでボタン「OK」をクリックします。
 Gプログラムを再起動して確認願います。
◆Access2010の場合は次の操作を行って下さい。
 @プログラムを起動します。
 Aメニューから「ファイル」タブをクリックすると<情報>を開きます。
 B画面左から「オプション」をクリックすると<Access のオプション>を開きます。
 C画面左から「カレントデータベース」をクリックで<アプリケーション オプション>に変わります。
 D画面右から『数値フィールドの文字切れをチェックする』のチェックを外します。
 Eボタン「OK」をクリックします。
 F数秒後にメッセージを表示しますのでボタン「OK」をクリックします。
 Gプログラムを再起動して確認願います。
◆Access2013/2016の場合は次の操作を行って下さい。
 @プログラムを起動します。
 Aメニューから「ファイル」タブをクリックすると<情報>を開きます。
 B画面左から「オプション」をクリックすると<Access のオプション>に変わります。
 C画面左から「現在のデータベース」をクリックで<アプリケーション オプション>に変わります。
 D画面右から『数値フィールドの文字切れをチェックする』のチェックを外します。
 Eボタン「OK」をクリックします。
 F数秒後にメッセージを表示しますのでボタン「OK」をクリックします。
 Gプログラムを再起動して確認願います。
※上記の操作を行っても修正できない場合は、プログラムのサポート より記入して送信願います。