よくある質問(Q&A)
太文字部分をクリックすると関連のページを開くことが出来ます。
キーワードを複数指定する場合はスペースで区切って下さい。

バージョンアップでは処理が必要ですか?
新しいバージョンを使用したいのですが、データ移行の他に処理が必要ですか?
■バージョンアップする場合は、プログラムによっては、「データ移行とテーブル処理」ファイルの操作が必要な場合があります。
 この内容は、シェアプログラム一覧の[詳細]掲載、ヘルプの更新履歴とダウンロードファイル Readme.txt の更新履歴に記載しています。
◆「データ移行とテーブル処理」 ファイルのダウンロードは、次の データ移行などDL よりダウンロード出来ます。
 ★例:労務安全書類U_2013 の場合は、シェアプログラム一覧の[ 詳細 ] の【履歴及び修正箇所】に掲載されています。
  Ver1.2 から Ver1.5c へバージョンアップのテーブル処理は、データ移行とテーブル処理「Roumu2_2013Tf13.zip」の操作を行います。
  以降は、データ移行を省略して「Roumu2_2013Tf14.zip」と「Roumu2_2013Tf15.zip」のテーブル処理のみの操作を行います。

ボタン「リンク更新」でリンク出来ないのはなぜ?
初めてダウンロードして、プログラムを開くと<リンク切れ検知>出たのでボタン「リンク更新」をクリックしてもリンク出来ません。
次の<ファイル名称が変更されています。ボタン「リンク」で行って下さい。>画面出て進めません。
■ダウンロードファイルは、全て圧縮されています。(説明は、例:作業員名簿U_2013)
 圧縮フォルダ内でプログラムを開いても動作出来ません。
◆次の手順でプログラムを設置してプログラムを開きます。
 @Windows 8.1/10 は、ダウンロードファイル名「M_sakuseikun2_2013_12g.zip」をダブルクリックすると展開されて手順Aのフォルダが出来ます。
  パソコンの設定によっては、拡張子「.zip」は表示されませんので、拡張子の表示は拡張子の表示/非表示を参照願います。
 A展開して出来たプログラムフォルダ名「作業員名簿U_2013」をコピーします。
 Bプログラム保存先は、標準のローカルデスク(C:)に貼り付けると<リンク切れ検知>は出ません。
 Cプログラムフォルダ名「作業員名簿U_2013」を開きます。
  ★プログラムファイル名「作業員名簿U_2013 Ver1.2g.accdb」のショートカットを作成してデスクトップに置いて使用します。
  ★プログラムフォルダを標準以外に置いた場合は<リンク切れ検知>が出ますが、ボタン「リンク更新」で自動的にリンクされます。
 Dプログラムファイル名「作業員名簿U_2013 Ver1.2g.accdb」をダブルクリックします。
 Eセキュリティの警告が出た場合は、Access 製品版は、[コンデンツの有効化]の文字をクリックすると解除します。
  但し、Access ランタイム版の場合は、ボタン「開く」をクリックして許可することで解除します。
  Access ランタイム版は、毎回ボタン「開く」で解除が必要です。
◆ダウンロードからインストール迄とプログラム起動についてプログラムの設置などを掲載していますので参照願います。

ヘルプが表示出来ないのはなぜ?
プログラム附属のヘルプが開けるのですが表示しません。どの様にしたら表示出来ますか?
■現象:ヘルプ ファイル(例:□□□□□U_2013.CHM)を開く際に、ヘルプファイルトピックが表示される部分が、
 空白又は[ウェブページへのナビゲーションは取り消されました。]などのメッセージが表示されます。
・圧縮ファイルを Windows の標準機能で展開すると『セキュリティ警告』によりロックされます。但し、解凍ツールなどで解凍するとロックされません。
■原因:マイクロソフト社のセキュリティ更新による現象に成ります。
■回避方法:ヘルプ回避は、ヘルプのセキュリティ警告を参照して頂くと簡単に回避出来ます。

読み取り専用バーが出るのはなぜ?
プログラムインストールで「読み取り専用バー」』がでてインストール出来ないのはなぜ?
■Windows7/8.1/10では、標準機能により圧縮ファイルを開くと「展開」されてプログラムフォルダが表示されます。
その展開フォルダ内でプログラムを開くと正常な動作出来ません。
 プログラムフォルダをコピーして、ローカルデスク(C:)に貼り付けます。プログラムを開くとメインパネルを表示します。
 また、任意の場所に貼り付けると<リンク切れ検知>が出ますが、ボタン「リンク更新」でメインパネルを表示します。
・ダウンロードからインストール迄とプログラム起動についてプログラムの設置などを掲載していますので参照願います。

コントロールパネルの開き方?
Windows のコントロールパネルの開き方どのようにしますか?
■Windows 7/8/8.1/10 の場合
・キーボードの [ Windows ] キーを押しながら [ R ] キーを押すと[ ファイル名を指定して実行 ] というウィンドウが開きます。
 その[ 名前 ] に[ control ]と入力し、ボタン[ OK ] をクリックするとコントロールパネルが起動します。
Windows 7 は、スタートをクリックでスタートメニューのコントロールパネルを開きます。 ※ Windows 7 は、2020.01.14 に Microsoft の
  延長サポート終了しています。
■Windows 8 / 8.1 は、キーボードの [ Windows ] キーを押しながら [ X ] キー押すとコントロールパネルが起動します。
 もしくは、スタートの上でマウス右クリックするとコントロールパネルを開きます。
■Windows 10 は、スタートをクリックで<スタートメニュー>から「Windows システムツール」フォルダを開き、その中のコントロールパネルを開きます。

セキュリティの警告解除の画面から進めない?
中央「セキュリティの警告解除の仕方」の画面から進んで<メインパネル>表示出来ないのはなぜ?
■次のような操作を行いプログラムの確認願います。
@プログラムのインストール失敗が考えられますので、プログラムを再度ダウンロードされてインストールしてプログラムの確認を願います。
A他のソフトのインストールによって、Access が使用するファイルの一部の削除又は変更が考えられます。
 Access の再インストールしてプログラムの動作の確認願います。
Bセキュリティソフトの強化により、プログラムの VBAコード一括削除が考えられます。
 仮にセキュリティソフトを削除し、パソコンを再起動後にプログラムをダウンロードして、再インストール後に動作を確認。
★上記の方法でも改善出来ない場合は、プログラムフォルダを圧縮してメールに添付して頂くと調査し報告します。

Access のインストールが必要ですか?
プログラムは、Access のインストールが必要ですか?
■プログラムを使用するには、米国 Microsoft社の Access 2010から2019/Microsoft 365 のいずれかインストールしていないと動作しません。
  但し、ランタイム版は実行専用の為、プログラムのデザインで開くことは出来ません。
★無料のランタイム版配布で内容とダウンロードが出来ます。
Access ランタイム版をインストールした場合は、Windows updatet を行わないと“令和”に対応されません。
■パソコン1ライセンスに成りますが、下のアドレスより激安価格(製品版)で入手できます。
・Microsoft ストアで Access 2013/2016/2019 ¥8000〜¥9000、永続ライセンス.オンラインアクティベーション、マイクロソフト公式ダウンロード
 http://ms-office-access.hatenablog.com/entry/2019/11/22/073008

作業員名簿の Excel 開けないのはなぜ?
ストアアプリ版の Office 2016 / 2019 がインストールされているパソコンで作業員名簿の ExcelFile を開けないのはなぜ?
■作業員名簿でエクセルファイルを開くと下のエラーが発生します。
 「実行時エラーが発生したため、このアプリケーションを続行できません。システムは シャットダウンされます。」
■最近のメーカー製 Windows パソコンに付属している Microsoft Office Home & Business 2016 / 2019 ですが、購入時プリインストールされているのは、
 ストアアプリ版の Office になっていることが多く成っています。
・Microsoft Store 版の Office は、従来のデスクトップ版の Officeを UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム) アプリとしてパッケージ化された製品です。
 そのため構成等が異なり COM のエントリがないため、外部から COM で Office の操作を起動することができません。
Office 2016 / Office 2019 のストアアプリ版をインストールされているパソコンではプログラムの一部は動作しません。
・例えば、ストアアプリ版 Office では、COM のエントリがないために Excel File を開くことが出来ません。
  この場合は、ストアアプリ版をアンインストールしてデスクトップアプリ版をインストールして下さい。
★詳しい内容については、【 Office 2016 と Office 2019 の種類 】を参照願います。

Office と Access の更新出来ない?
何回か Windows update を行っても更新プログラムが無く Office 製品版及び Access ランタイム版の更新が出来ないのはなぜ?
■Office 製品版及び Access ランタイム版をインストール後に更新出来ない場合は、次の操作で確認して行って下さい。
・Windows update の「詳細オプション」⇒「更新プログラムのオプション」⇒「Windows の更新時に他の Microsoft 製品の更新プログラムを受け取る」
 のボタン[オフ]の場合は、ボタン[オン]にして Windows update すると更新プログラムをダウンロードされてインストールされます。
Access ランタイム版をインストールされている場合は、コントロールパネルを開いて「プログラムのアンインストール」一覧から Office
 2000〜2010 の製品版と Access 2000〜20110 ランタイム版は、全てアンインストールして下さい。

ランタイム版が令和に変わらないのはなぜ?
Access ランタイム版をインストールしてプログラムを開くと日付が新元号(令和)に変わらないのなぜ?
■プログラムは、Microsoft の日付関数を使用していますので Office & Access は、新元号の更新プログラムのインストールが必要です。
◎Windows XP/Vista/Windows7 と Office 2000/xp/2003/2007 (Access) サポートが終了により、新元号に対応されません。
Access ランタイム版をインストールされている場合は、コントロールパネルを開いて「プログラムのアンインストール」一覧から Office
 2000〜2010 の製品版と Access 2000〜20110 ランタイム版は、全てアンインストールして下さい。
 その後にパソコンの再起動し、新しい Access ランタイム版(Access 2016 / Microsoft 365 Access 2019)をインストールします。
Office 2019 製品版と Access for Microsoft 365(Access 2019)ランタイム版は、Windows 10 がインストールされていないと使用出来ません。
Access ランタイム版をインストール後は、必ずパソコンを再起動して Windows update を手動で行います。
 更新には時間がかかますので、時間をおいてから何回か Windows update で更新プログラムをダウンロードされてインストールされます。
・更新プログラムをダウンロードできない場合は、このQ&Aの「Office と Access の更新出来ない?」を参照して下さい。
■Windows の手動更新
・Windows 8/10 の場合は、スタートボタンの「設定」から「更新とセキュリティ」→「Windows Update」→「更新プログラムのチェック」を選択します。
■Microsoft のサポート
2020年1月14日に Windows 7 のサポートが終了しました。セキュリティ更新プログラムの提供などが、Microsoft より受けられなく成ります。
・Windows の各バージョンの発売年とサポート期限を掲載してます。また、Officeの各バージョンの発売年とサポート期限を掲載しています。

全 53件