よくある質問(Q&A)
太文字部分をクリックすると関連のページを開くことが出来ます。
キーワードを複数指定する場合はスペースで区切って下さい。

新元号の令和と表示されないのはなぜ?
新元号の令和と表示されない。なにか操作が必要ですか?
■自動更新が有効に成っていないと考えられますので、手動での「更新プログラムのチェック」が必要です。
◎Windows Update の手動操作
・Windows 10/8.1/8 の場合、スタートボタンの「設定」から「更新とセキュリティ」→「Windows Update」→「更新プログラムのチェック」を選択します。
・Windows 7 の場合、スタートのメニューから「すべてのプログラム」→「Windows Update」→「コントロールパネルホーム」画面の「更新プログラムの確認」を選択します。
■参考までに
◎Access 2010〜2016 ランタイム版をインストールした場合は、Windows Update が必要です。
◎Office 2010〜2016 & Access 2010〜2016 以上のバージョンの新たにインストールした場合は、Windows Update の他に Office & Access の更新が必要な場合があります。
★Office 2013/2016 の場合
 プログラムを開いて、上部のメニューから「ファイル」⇒「アカント」⇒「Office 更新プログラム」で行います。

Access2007 は新元号に対応しますか?
Microsoft Office 2007 & Access 2007 は新元号(令和)に対応されますか?
■Microsoft では、Windows XP / Vista と Office 2000/XP/2010/2007 (Access) サポートが終了しています。
 サポートが終了の製品は、新年号に対応されません。
・Microsoft社は、Windowsの各バージョンの発売年とサポート期限を掲載してます。
 また、Officeの各バージョンの発売年とサポート期限を掲載しています。
Access 2007 ランタイム版のインストールされている場合は、Microsoftのサポート終了により令和に対応されません。
★Access 2010 ランタイム版以上をインストールされている場合は、Windows updatet を行わないと“令和”に対応されません。

ヘルプが表示出来ないのはなぜ?
プログラム附属のヘルプが開けるのですが表示しません。どの様にしたら表示出来ますか?
■現象
・ヘルプ ファイル(例:作業員名簿U_2013.CHM)を開く際に、ヘルプファイルトピックが表示される部分が、
 空白又は[ウェブページへのナビゲーションは取り消されました。]などのメッセージが表示されます。
・圧縮ファイルを Windows の標準機能で展開すると『セキュリティ警告』によりロックされます。
  但し、解凍ツールなどで解凍するとロックされません。
■原因
・マイクロソフト社のセキュリティ更新による現象に成ります。
■回避方法
・ヘルプ回避は、ヘルプのセキュリティ警告を参照して頂くと簡単に回避出来ます。

プログラムで令和に変わらないのはなぜ?
プログラムで新元号の令和に変わらないのは何か操作が必要ですか?
■2019.05.01 Windows Update での自動更新までには数日かかります。
★Windows 10 のバージョン確認は、スタートボタンの「設定」から「更新とセキュリティ」→「Windows Update」画面の横又は下に
 「OSビルド情報」→「バージョン情報」の下程に「Windows の仕様」に(バージョン 1803 又は、バージョン 1809)されています。
新元号のWindows 10 には2種類のバージョンがあり、バージョン によって、Windows パッチを配信開始が異なっています。
・2019.04.25 Windows 10バージョン 1803 および Windows Serverバージョン 1803 : KB4493437
・2019.05.01 Windows 10バージョン 1809 および Windows Serverバージョン 1809 : KB4501835
注意 2019.05.04 現在 Windows Update で自動更新が出来るようになってきています。
    自動更新が出来ない場合に対して下の操作を行って下さい。
Windows Update 以外の手動更新は、カタログ のアドレスよりダウンロードして、インストールが出来ます。
■Win10 の Windows Update カタログ のアドレスよりダウンロード出来ます。
◎Windows 10バージョン 1803 および Windows Serverバージョン 1803 : KB4493437
  DL先 https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4493437
◎Windows 10バージョン 1809 および Windows Serverバージョン 1809 : KB4501835
  DL先 https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4501835
■Win8.1 の Windows8.1 Update カタログ のアドレスよりダウンロード出来ます
◎Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 : KB4493443
  DL先 https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4493443
■Win7 の Windows7 Update カタログ のアドレスよりダウンロード出来ます。
◎Windows 7.0 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 : KB4493453
  DL先 https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4493453

新元号施行に伴い操作はありますか?
新元号施行に伴うプログラムでの操作はありますか?
■最新版のプログラムは、Microsoft Office の更新プログラムが配信された時点で新年号に対応します。
  古いバージョンを使用されている方は、最新バージョンアップして下さい。
  但し、プログラム名「□□□□□U_2007」シリーズは、新元号の対象外に成ります。
注意 Microsoft Office 2007は、延長サポートが終了しているので新元号の更新プログラム配信のありません。
■新元号の更新方法
◎Microsoft、ソフトウェアの自動更新が有効になっている場合は、新元号に対応するための更新プロセスが配信
 されるために特別な操作を実行する必要はありません。
◎自動更新が有効に成っていない。又、手動でチェックしたい場合は、Windows 10 では、スタートボタンの「設定」
 から「更新とセキュリティ」→「Windows Update」→「更新プログラムのチェック」を選択します。
■2019.4.30 現在 Microsoft、新元号“令和”対応の Windows パッチを配信開始
・Windows 10バージョン 1809 および Windows Serverバージョン 1809 : 近日提供
・Windows 10バージョン 1803 および Windows Serverバージョン 1803 : KB4493437
・Windows 10バージョン 1709 : KB4493440
・Windows 10バージョン 1703およびWindows Serverバージョン 1703 : KB4493436
・Windows 10バージョン 1607およびWindows Server 2016 : KB4493473
・Windows 10 RTM : KB4498375
・Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 : KB4493443
・Windows Server 2012 : KB4493462
・Windows 7.0 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 : KB4493453
・Windows Server 2008 SP2 : KB4493460
・上記の詳しい内容は、樽井 秀人 2019年4月26日 08:30 の記事を参照ください。

DLから展開(解凍)はどのように?
プログラムのDLから展開と解凍の仕方はどのように成りますか?
■初めてプログラムをダウンロードされる方
・Windows7/8.1/10で標準機能の「展開」と解凍ツールの「解凍」の説明を掲載しています。
・ダウンロードからインストール迄とプログラム起動について説明より参照願います。
■何回かプログラムDLをされている方
・Windows7/8.1/10で標準機能で圧縮ファイル(zip)を開く又はダブルクリックすると一時的に展開されます。
 一時的展開フォルダー内のプログラムフォルダーをコピーして、ローカルデスク(C:)に貼り付けます。
・プログラムファイル名(例:作業員名簿U_2013 Ver1.2*)を開くとセキュリティ警告が出た場合は[コンテンツの有効化]をクリックして解除します。
・プログラムは、自由な場所に置くことが出来ますが、ローカルデスク(C:)以外にプログラムを置くと<リンク切れ検知>が出ます。
 その画面のボタン「リンク更新」をクリックするとメインパネルを表示します。

Office 2019 Win 7/8.1 で動作しますか?
Microsoft Office 2019 の Windows は、7/8.1 で動作しますか?
■Microsoft Office2019 は、Windows10 でサポートされていますが、Windows7 と 8 ではサポートされていません。
◆Microsoft サポートの参考
・Office2016 を購入した場合、メインストリームサポートは2020年秋まで、且つ延長サポートが2025年秋迄です。
・Office2019 を購入した場合、メインストリームサポートは2023年秋まで、且つ延長サポートが2025年秋迄です。

複数のOfficeをインストールできますか?
1台のパソコンに複数の Microsoft Office をインストールすることは出来ますか?
■複数の Microsoft Office をインストールする事は出来ますが、この場合はバージョンによって切り替わり実行されます。
   但し、Microsoft Office2016 をインストールされていると他の Microsoft Office 又は Microsoft Access のインストールは出来ません。

PC入れ替えで動作しないのはなぜ
パソコン入れ替えしたらプログラム名「□□□□□U_2007」は働かいのはなぜですか?
■新しいパソコンは、Microsoft Office 又は Access は、64bit版がインストールされている為に動作しません。
・プログラム名「□□□□□U_2007」シリーズは、Microsoft Access 32bit版時代に制作されたので32bit版専用です。
・VB6ランタイムモジュールのインストールも必要です。
■使用プログラムの選択
 ➀旧パソコンの環境に合わせてプログラム「□□□□□U_2007」を使用する。
  ★Microsoft Office 又 Access 32bit版 で Vb6ランタイムモジュールをインストールする。
 ➁新パソコンの環境の32/64bit版のプログラム「□□□□□U_2013」を購入する。
  ★プログラムは、お試し出来ますのでダウンロードされて動作確認願います。
  ★テーブルの構造体が異なるので「□□□□□U_2007」からのデータ移行は出来ません。

作業員名簿でExcelを開くと実行時エラーは?
作業員名簿でエクセルを開くと実行時エラーが出るのはなぜ?
■作業員名簿でエクセルファイルを開くと「実行時エラーが発生したため、このアプリケーションを続行できません。システムは シャットダウンされます。」とエラーメッセージが表示される。
・ストアアプリ版 Office がインストールされていると提供形式によってはプログラムからエクセルを開くとエラーが発生します。
・Microsoft ストア版 Office 2016 には、色々なライセンス契約方式がありますが、これは単に契約上のみの違いではなく、
 販売方法によって、Office アプリケーション自体も異なる仕組みで提供されています。
・現在、以下の 3 種類の提供形式があります。
 1. クイック実行 (C2R) 形式 2. MSI インストーラ形式 3. Microsoft ストア版 Office 2016(Centennial 版)
 ※提供形式は、Microsoft社 参考
 パソコンにインストールされている Office2016 の種類を確認出来ます。
 Microsoft Access 2016 Runtime のインストールでのエラー発生です。

全 51件