フォルダーにチャックのマークが付いている場合は、圧縮フォルダーになりますので展開して使います。
圧縮フォルダー(例:M_sagyouinn2_2013_12f.zip)をデスクトップ(新しい場所)に置いてから展開することをお勧めします。
Windows セキュリティ警告と圧縮フォルダー展開
<ショートカットメニュー>
圧縮フォルダーを右クリックすると<ショートカットメニュー>を表示します。
すべて展開]を左クリックすると次図の<Windows セキュリティの警告>を開きます。
セキュリティにより、圧縮フォルダーを展開しようとしたら<Windows セキュリティの警告>表示されることがあります。
<Windows セキュリティの警告>
メッセージが出た場合は、ボタン「OK」をクリックするとこの画面は閉じます。
  この<セキュリティの警告>はパソコンの環境によっては表示されない場合があります。
発行元が信頼できる場合は、下の方法で「圧縮フォルダー のブロック解除」を行います。
その後に圧縮フォルダーの展開を行います。
ウイルスなどを心配の方は、圧縮フォルダーにセキュリティ脅威のスキャンをかけてみましょう。
<展開先の選択とファイルの展開>
ボタン「参照」をクリックすると<展開先を選んでくたせさい>画面を開きます。
<展開先を選んでくたせさい>
}
<展開先を選んでくたせさい>画面から「PC」をクリックします。
右側からの「ローカルデスク(C:)」をクリックして指定します。
ボタン「フォルダーの選択」をクリックすると<展開先の選択とファイルの展開>画面開きます。
<展開先の選択とファイルの展開>
完了時に展開されたフォルダを開く場合は、「チェックボックス」にチェックを付けます。
ボタン「展開」をクリックするとプログラムフォルダは、ローカルデスク(C:)に出来ます。
圧縮フォルダーのブロック解除
<ショートカットメニュー>
圧縮フォルダー上で右クリックするとショートカットメニュー表示します。
プロパティを左クリックすると次の<例:M_sagyouinn2_2013_12f.zipのプロパティ>画面が開きます。
<M_sagyouinn2_2013_12f.zipのプロパティ>
<例:M_sagyouinn2_2013_12f.zipのプロパティ>画面下の「読み取り専用」に チェックボックスにチェックが入っている
  場合は、チェックを外します。
許可する」のチェックボックスにチェックを入れます。又は、ボタン「ブロックの解除」をクリックします。
ボタン「適用」をクリックすると[セキュリティ]の文章は消えます。
ボタン「OK」をクリックするとこの画面は閉じます。